美容院の白髪染めの種類はヘアカラー

髪の毛を染める方法は染毛剤の種類や形状などによって分け方がいろいろとありますが、白髪染めに限定して大別するとヘアカラー、マニキュア、カラーリングの3タイプとなります。細かく分ければヘアカラーにはクリーム、泡、ジェルなど幾つか種類がありますが、美容院の白髪染めにはクリームタイプが主に使用されています。髪の毛の芯まで色を染める方法で、色持ちがよく1ヶ月から2ヶ月は色を保持できます。ただし、この方法は髪の毛のたんぱく質にダメージを与えるので、ケアが不足するときしみやパサツキ感が気になることがあります。また、頭皮に付着すると炎症を起こす可能性もゼロではありません。そのため、たとえ美容院での施術でも、初めて染める場合には、アレルギーのある人や肌の弱い人はパッチテストをしてもらったほうが安心です。最近では、美容室で使用しているクリームタイプのヘアカラーも進歩をしていて、ダメージを極力抑えた製品を使用しているところも増えています。白髪染めを長持ちさせたい、自分では上手くできないという場合には専門家に任せるのもひとつの方法です。美容院で髪の毛の状態や白髪の多さなどによって施術方法を相談すると良いでしょう。

ヘアマニキュアは髪の毛の表面だけに色を付ける方法で、髪の毛のキューティクルを壊すことはないので、ダメージはほとんどない代わりに色持ちは1ヶ月程度と短めです。美容院では、白髪染めというよりは、髪の毛のツヤを出すなどケアを目的として使用することが多いです。もうひとつのカラーリング剤は白髪隠しのことで、美容院では使用することはほとんどありません。生え際や分け目など目に見える部分に白髪が目立つような場合に一時的に使用するもので色を定着させる効果は持っていません。シャンプーをすれば簡単に落ちてしまいますし、濡れても色落ちします。シャンプーをしないまま寝てしまうと枕に色移りすることもあるので、注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ